愛国学園大学の適正な研究活動の推進に関する取組について

愛国学園大学(以下「本学」という。)は、文部科学省の「研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン(平成26年8月26日)」に基づき、本学における適正な研究活動の推進に向けた取組みを実施するための体制を整備し、以下のとおり取り組んでいます。
 

1.適正な管理・運営を図るための環境整備
本学の研究活動に関わる全ての者に対し、常に倫理的な判断と行動を求めるため、必要なルール(規程等)を整備しています。

  • 愛国学園大学研究者行動規範
  • 愛国学園大学における公的研究費の管理・運営に関する規程

 

2.責任体系の明確化
研究活動の管理・運営を適正に行うため、管理・運営に関わる者及びその責任と権限を以下のとおり定め、不正の防止に努めています。

(1)最高管理責任者
① 職名:学長
② 責任と権限:
愛国学園大学全体を統括し、研究活動の管理・運営について最終責任を負う。具体的には、不正使用防止対策の基本方針を策定し、周知するとともに、統括管理責任者及びコンプライアンス推進責任者が公的研究費の適切な管理・運営を行えるようリーダーシップを発揮し、必要な措置を講じる。

  • 愛国学園大学公的研究費不正使用防止に関する基本方針
  • 愛国学園大学科学研究費補助金等競争的資金事務取扱規程
  • 愛国学園大学公的研究費内部監査規程

(2)統括管理責任者
① 職名:学長が指名する者
② 責任と権限:
最高管理責任者を補佐し、研究活動の不正使用防止対策の組織横断的な体制を総括する。具体的には、不正使用防止に関する基本方針に基づき、具体的な対策を策定及び実施するとともに、その状況を最高管理責任者に報告する。

  • 愛国学園大学における公的研究費の管理・運営に関する行動規範

(3)コンプライアンス推進責任者
① 職名:事務局長
② 責任と権限:
本学における公的研究費の管理・運営について責任と権限を持つ。具体的には、統括管理責任者の指示の下、自己の管理監督又は指導する本学における不正使用防止対策の実施及び実施状況の確認、本学におけるコンプライアンス教育の実施及び受講状況の管理監督、公的研究費の執行を適正に行っているか等をモニタリングし、必要に応じて改善を指導する。

3.不正使用防止計画の策定と実施
本学は、「愛国学園大学科学研究費補助金等競争的資金事務取扱規程」第13条に基づき、公的研究費の適正な管理及び運営を行うための不正使用防止計画を策定し、実施しています。
総務課を不正使用防止計画の推進担当部署として、次の業務を行います。

(1)研究倫理教育の推進

 本学では、研究活動における不正行為を未然に防止するため、研究者等に倫理規範を習得させるための研究倫理教育を実施しています。
 研究倫理教育の詳細については、こちらをご覧ください。

(2)具体的な不正使用の防止対策の策定・実施
(3)不正使用の防止対策の実施状況の報告(統括管理責任者へ)
(4)実施状況のモニタリング

  • 愛国学園大学公的研究費不正防止計画

(5)取引業者の皆様へ

4.研究者の行動と態度の規準
愛国学園大学は、人を対象とする研究を倫理的観点から適切に遂行する上で求められる研究者の行動と態度の規準を整備し、社会科学研究を倫理的に適切な形で推進するため、以下の指針及び規程に基づき取り組んでいます。

  • 愛国学園大学研究倫理規程
  • 愛国学園大学研究倫理指針
  • 愛国学園大学における人を対象とする研究倫理指針

 

5.事務処理手続等に関する相談窓口と不正使用に関する告発窓口
(1)相談窓口
事務処理手続等に関する相談を受け付ける窓口を総務課としています。

(2)告発窓口
不正使用に関する告発の受付窓口を総務課に設置しています。告発の方法は、書面、ファクシミリ、電子メール、電話又は面談としています。告発は、原則として顕名により、以下の内容を明示してください。
①    公的研究費の不正使用を行ったとする研究者又は研究グループ等の氏名又は名称
②    公的研究費の不正使用の態様とその他事案の内容
③    不正使用とする合理的な理由

  • 愛国学園大学における研究活動上の不正行為への対応に関する規程
愛国学園大学 大学事務局 総務課

〒284-0005 千葉県四街道市四街道1532
TEL 043-424-4433(代表)
FAX 043-424-4323
MAL soumu@aikoku-u.ac.jp

※本学は、不正行為に関する告発者に対して、「愛国学園大学公的研究費の管理・監査に関する規程」に基づき、告発を行ったことを理由として不利益な取扱いを受けないよう十分に配慮いたします。